社会不適合者の特徴をポジティブに捉えてみる。

ライフスタイル

「自分って社会不適合者なのかな・・」「何か周りの人とうまくやっていけないなあ」

こんなお悩みを抱えている方々へ。

今回は、そんなお悩みを解消し、前向きになれるような記事になっています。

世間で社会不適合者だと言われる特徴も、捉え方を変えればポジティブな要素がたくさんあります。ですから、自分に自信を無くす必要はありません!

本記事では、社会不適合者と言われる人の特徴をまとめたうえで、それらをポジティブに捉え直していきたいと思います。

この記事を読み終えれば、「自分は社会不適合者なんだと・・」と自信を無くしていた方も、前向きな気持ちになれるはずです。

スポンサーリンク

社会不適合者の特徴

協調性が無い

周りに合わせられない人は社会不適合者だと言われることがあります。

というか、そもそも組織やチーム、集団等への帰属意識が無いのではないでしょうか。

周りからすると、自分勝手に感じられるかもしれません。

「チームプレイができない」「自分のことしか考えていない」「空気が読めない」

こう思われることもあるでしょう。

ルールや規則を守る気が無い

社会のルールや規則といったものを守る気がありません。

「守れない」というより、「守る気が無い」という表現が近いような気がします。

ルールや規則を守る事が正しいと思えないんですね。

コミュニケーションが極端に苦手

人との会話や接触が極端に苦手な人、口下手な人も社会不適合者だと言われることがあります。

中にはそもそも人が嫌い、または人が怖いといった人もいるでしょう。

継続性が無い

ひとつの事を続けられないことも特徴のひとつと言えます。

すぐに飽きてしまったり、壁に直面しても努力できずに「もうやーめた」となってしまうのです。

上記の特徴をポジティブに言い換える

協調性が無い→自分の意志で行動できる

小さい頃から、学校や社会では空気を読むこと、周りと合わせることを教え込まれてきます。

ですから、協調性があり、空気を読んで周りに合わせることが上手な人は多いです。

その反面、自分の意志で行動できる人は少ないように思います。

協調性が無い人は、周囲に左右されないため、自分の意志で行動することができるのです。

ルールや規則を受け入れられない→型にはまらない思考ができる

ルールや規則があると、結局それが答えになります。

思考や行動がその箱の中に閉じ込められてしまうのです。

ですから、型にはまらない思考で、周りを驚かせるような閃きができるかもしれません。

コミュニケーションが苦手→不必要な人間関係に悩まない

コミュニケーションが苦手な分、自分が本当に心を許せる人間と関係を築くことができるでしょう。

不必要な人間関係にストレスを溜めたり、自分の貴重な時間を取られることもありません。

継続性が無い→特定のものに執着せずに、新たな経験を積むことができる

そもそも世の中には、継続性があるということを、「我慢して続けること」と間違えている人が多いように感じます

世の中は日々目まぐるしく変化し、様々な情報やモノが溢れています。

それらに対して、自分で実際に触れてみる経験は重要です。

我慢してひとつのことを続けていては、そのような経験も少なくなりますよね。

継続性が無いということは、無理して特定のものに執着せずに、新たな経験を積むことができるのです。

まとめ

今回は、社会不適合者と言われる人の特徴と、そんな特徴をポジティブに捉え直してきました。

  • 協調性が無い → 自分の意志で行動できる
  • ルールや規則を守る気が無い → 型にはまらない思考ができる
  • コミュニケーションが苦手 → 不必要な人間関係に悩まない
  • 継続性が無い → 特定のものに執着せずに、新たな経験を積むことができる

僕は、社会全体として「多数派が正しい」「周りに合わせることが大事」という空気感があるように感じます。

そんな社会において、社会不適合者としてあげられるような特徴はメリットが大きいです。

何となく周りに合わせて狭い価値観の中で生きるより、周りに動じず自分の意志で生きる方がよっぽど人生を楽しくするし、カッコいい生き方なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました