公務員が合わなかった僕が語る。公務員に向いてる人の特徴。

公務員

「どういう人が公務員に向いているんだろう」「自分て公務員に向いているのかな・・」と悩んでいる就活生、転職者のみなさん。

今回は、そんなお悩みに役立つ記事になっています。

僕は4年間地方公務員として働き、且つ職員係として多くの職員を見てきました。

そんな僕の意見ですが、公務員に向いてる人には特徴があります。

そこで今回は、公務員に向いている人の特徴についてまとめました。

勿論、私個人の意見です。あくまで参考までにご覧になってください。

スポンサーリンク

細かい仕事が得意な人

公務員の業務で特に多いのが、書類作成です。

書類を作成するうえでは、誤字脱字や言葉の言い回しだけならまだしも、文書のレイアウトや体裁など、とにかく細かい所まで注意しなければなりません。

「この文書の余白はこう」、「ここは1行開けて」 など、誰が得をするのか分からない細かいことを満足げに指摘してくる上司も多いです。

そのため、細かい作業を繰り返し行う中でもミスをしない正確さや忍耐力を備え、細部に気を配りながら仕事を進めることが出来る人は公務員に向いています。

協調性がある人

公務員は基本的に異動が多いです。毎年、部署や係のメンバーが変わります。

そのため、誰と一緒になっても円滑に業務を進めるためには、協調性が必要となってきます

また、地域の方と関わる機会も多くあります。

窓口の対応は勿論ですが、部署によっては地域のイベント等に参加することも多々あります。

住民の方々と良い関係を築いていくためにも協調性が重要になるでしょう。

自分の意見を抑えることが出来る人

公務員は基本的に上司の指示に従って仕事をします。

上司の指示に従う義務が法律で定められているからです。

そのため、自分の考えが上司と違っていても、上司の意見に従わなければならない場面が必ず出てきます。ここで自分の意見を抑えることができなければ相当なストレスになるはずです。

聞いたふりだけして自分のしたいようにすれば良いんじゃね?という方もいるかもしれませんが、それは出来ないのです。

公務員の業務は上司の決裁をもらった上で進めなければなりません。

これから進める業務内容を文書にし、課長や部長まで許可を貰ったうえで業務を進めます。

そのため、自分の独断で業務を進めることはできないのです。

勤勉な人

公務員の仕事は全て法令の範囲内で行われます。

そのため、自分の遂行している業務は必ず何らかの法令が根拠になります。

自分で適当に作った文書を上司に見せると「この部分の根拠法令は何?」と恐らく聞かれるでしょう。

根拠となる法令がなんなのか、逐一調べながら業務を進めることが求められるのです。

正直、そこまで真面目にしてる人はかなり少ないと思いますが、少なからず、適宜法令を調べながら業務を進められるような勤勉な人は向いているでしょう。

まとめ

以上が僕が思う公務員に向いている人の特徴でした。

  • 細かい仕事が得意な人
  • 協調性がある人
  • 自分の意見を抑えることができる人
  • 勤勉な人

もしかしたら「公務員になりたいけど、向いていないのかなあ」と思った方もいるかもしれません。

なにも、公務員になる・ならないの判断材料だけにすることはありません。

そのような方は、例えば今のうちに細かい作業に慣れる練習をしたり、法令を勉強しておくなど、公務員としての適性を身に着けるための参考にしていただくのも良いかなと思います。

以上です。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました