【未経験からのフリーランス1ヶ月目】4月の収入を暴露【フリーライター】

フリーランス

「未経験だけどフリーランスになりたい・・」
「未経験からフリーランスになった人のリアルが知りたい・・」

今回は、そんなお悩みの参考になる記事です。

僕は、今年(2020年)4月16日に会社を辞め、その後はライター業をメインにフリーランスとして活動しています。

クラウドソーシング(主にランサーズ)で仕事を受注しながら、バイトもしている状況です。

4月の半分は会社員でしたが一応フリーランスとしての初月を終えたので、その結果を赤裸々に公開したいと思います。

この記事では、「フリーランス1月目の収入」「1月目の反省点」について書いていきます。

今後フリーランスになろうと思っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

4月の収入

早速ですが、4月の収入は以下のとおりです。

56,677円

すべてランサーズでいただいたお仕事です。

ちなみにランサーズではクライアントから支払いされた金額の20%が手数料として徴収されるのですが、上記の金額はその分を引いた手取り額です。

16日までは会社員の副業として、17日以降はライター専業で得た収入ですね。

時給換算してみると

1日の稼働時間は6時間ほど。

且つ4月の上旬は会社員だったので、稼働した日数は16日ほどでしょうか。

時給にすると56,677÷(8×12)=590円・・・

日雇いのバイトしたほうが全然稼げますね。

考察・反省点

文字単価を意識する

まずは量をこなそうと思い、単価0.5円等のお仕事にも応募していました。

お仕事を頂けるだけでもかなりありがたいのですが、やはりフリーランスでやる以上シビアにならなければいけませんね。

文字単価が高いほど敷居が高く感じてしまいますが、来月は高単価の案件に積極的に応募したいと思います。

執筆速度を意識する

4月は時給換算すると590円・・
収入を上げるためには文字単価のほかに執筆速度を上げなければいけません。

4月はとにかく目の前にある仕事を終わらせるのが精いっぱいで、ガムシャラに記事を書いていました。

タイピング速度を上げる、構成の作り方を変える、音声入力を使ってみる・・
来月は、執筆速度をあげるために色々試してみたいと思います。

5月の目標

5月は収入10万円が目標です。

週3ほどアルバイトもしますが、初めて丸1ヶ月フリーランスとして稼働することになります。
アルバイトでの収入を含めると、10万円の収入があれば生活は困らない予定です。

4月の反省を踏まえて、まずは生活に困らない収入を得ることを目標にしたいと思います。

まとめ

今回は、フリーランス1月目の収入について書いてきました。まとめです。

  • 1月目(半月は会社員)の収入は56,677円
  • 時給換算で590円
  • フリーランスでやる以上、文字単価にはシビアにならなければならない
  • 執筆速度を上げなければならない

未経験からフリーランスになった人の話をあまり聞いたことがないので、これがどの程度の成果なのかはよく分かりません。

ただ、僕としては、「いける!」という感覚です。

まずは、4月の反省を踏まえて、5月も頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました